フィリピンでのローカル食
フィリピン料理

フィリピンの主食はお米です。
主采料理は新鮮な魚介類を使ったものが多く、日本人にも受け入れやすい料理も数多くあります。
肉類を使った料理は鶏肉が多く、特にチキンは専門店があるほどの人気があります。
多国籍のため、フィリピンの原住民が食べていたシンプルな調理法の料理からスペインや中国の食文化を取り入れた料理まで、さまざまな味わいが混在するフィリピン料理、また、日本では味わうことのできない豊富なトロピカルフルーツを是非お楽しみください。
ただし生野菜はあまり食べる習慣がありません。

フード

●シニガン
日本の味噌汁のようなものです。野菜と海老をベースに煮込んだスープで酸味がありますので日本人にはちょっと苦手かも知れません。

●イニハウ
炭火で魚や海老を焼いたもの。

●パンシット
日本で言う麺系料理。

●ルンピア
生春巻き。肉と一緒にココナッツの実が混ぜられているもの。

●カレカレ
ピーナツ・ソースで牛肉の内臓や豚肉、野菜を煮込んだもの。

●アドボ
肉と玉ねぎの甘辛い煮込み料理。

●メチャド
フィリピン風のシチュー。

●レチョン
子豚の丸焼き。おすすめ!

●バルート
孵化寸前のアヒルの卵をゆでたもの。


フルーツ

●マンゴー
フィリピンといえばマンゴーと言われるほどの代表的な果物。

●パパイヤ、パイナップル
こちらも代表的な甘味フルーツ。

●スターアップル
白いクリームのような果肉が美味しい果物。日本でも紹介され話題になった。

●マンゴスチン
赤紫色の皮を割って食べる高級な果物。

●ドリアン
果物の王様と呼ばれています。


デザート&ドリンク

●ハロハロ
フィリピンの代表的なデザートです。
ナタデココやゼリー、かき氷、練乳、フルーツ、アイスクリームなどを混ぜて食べるパフェみたいなもの。どこでも売られている。

●カラマンシー
カラマンシーは日本のきんかんに似た小粒の果物。焼酎に入れるとおいしい!

●サンミゲール
フィリピンの唯一のビール。バドワイザーのような口当たりでとても軽い。



  • seo
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。